甘えん坊将軍兼、破壊魔?

2010.09.18(01:43)

こんばんは。

何だか本当に急に秋らしくなってきたような気がします…涼しいので、一番風が通りそうな場所にケージを置いている和の体調が心配です。
とりあえずさっき触ってみましたが、脚がちっとも温かくない…慌てて布を被せました。
これで多少は違うでしょう。
遮光カーテンなので真っ暗で眠りやすいかな?
風邪だけは引いて欲しくないなぁ…。
誓ちゃんの様子もどこかおかしいし、気になる事はテンコ盛りです。


さて。
昨夜はのんびりと別のブログを更新していたんですけど(mi○iです…ははは…)、その際ずっと柚をお供に連れていました。
久しぶりにゆっくり柚と過ごした気がします。
とにかく最初のうちは甘えて甘えて…離れないのでPCが触れずに困りましたが。
手元でヒマワリを3粒ほど砕き、そのうち1粒程度食べて、後はひたすらに肩だの頭だの手だのに乗って甘えていました。ちょこちょこっと掻いてやったり、頬ずりしたり、抱きしめたり。
どれくらいそうしたでしょうか、ようやく気が済んで、ちょこちょこと飛びまわり始めました。
飛んでは戻り、また飛んでは戻り。繰り返し。
戻ってきたらまた甘えてみたり。
こういうところがラブバードの可愛さなんでしょうね。ベタベタですからね。
甘噛みしたり、嘴で指などを挟んで舐めたり。
かなりくすぐったいのですが、まぁ我慢です…。可愛いので我慢出来ますし。
でも同じラブバードでもそれなりに年齢を重ねている藍ちゃんは、かなり落ち着いているんですよね。
肩に乗ってずーっとそこで毛繕いをしていたり。甘え鳴きをしていたり。
でも柚はやはり若いだけあって、落ち着きは足りませんね。
しまいにはあちこち飛んでは呼び鳴き。おいで、と声をかけると嬉しそうに戻って来る。呼ばれるまで鳴く。
深夜だったので、ここが一軒家でよかったと本気で思いました。
社宅だったら…近所迷惑この上なしですよ。柚の鳴き声はそうでなくても大きいですから。
ペレットを砕いて遊んでいても、直に飽きてしまう。
私の指を相手にじゃれていても、やっぱり飽きてしまう。
呼ばれて戻って甘える…の繰り返しも、飽きちゃいまして。

今度は他の鳥達に相手をしてもらおうと、今まで以上に大きな声で鳴き始めちゃいました。
これには参った。
本当に声が大きいものですから、そのうち別室から返事が聞こえてくるようになっちゃって。
うーん、誰を起こしちゃったのかな…と耳を澄ませてみると、どうやら一番遠くに居るはずの和でした…。
寝室に居るので、他の家族が起きかねない!
…案の定、その後ダンナが起きてきちゃいました。まぁ寝惚けていて、すぐ戻って行っちゃったんですけどね。
でも2度も起きてきちゃったので、ちょっと可哀想だったかな。

仕方なく柚をケージに戻しましたが、結構満足していたようで、怒りはしませんでした。


でも本当に、ラブバードって一筋!の愛情を注いでくれますよね。

セキセイやオカメとは全く違っていて、そこがやはり可愛いところでしょうね。
初めて飼ったときにダンナなんて本気でメロメロになっちゃってましたから。
私もそれまでセキセイ一筋だったので、あまりの違いに驚くやら慌てるやら…でもその魅力にすぐに負けました。
嘴の力が強いので子供には危険ですが…ウチの子たちは噛まれるのを覚悟して指を出すので、あまり気にしていないようです。
大人でも怪我しますからね、本当に危ない。
相手によって噛まなかったりするのは、やっぱり上下関係なのかなぁ…ショップでは以前そう言われたけど、ちょっと納得できていません。
藍ちゃんの餌などの世話はダンナがやってるし、相手するのも主にダンナ。でも藍ちゃんは家族で唯一私にだけは噛みつかない。うーん、なんでだろう?
思い当たるのは私が育てたってことくらいだし。
今でも親だと思ってくれているのかな?それなら嬉しいのですが。

柚からは親というよりは…うーん、配偶鳥と勘違いされている気がしてならない…。いや、柚自身が自分を鳥だと思ってないかも?柚を育てたのももちろん私なんだけどなぁ…。

まぁ何にしても特別扱いされているのだと思えば気分は良いかな。


11月で藍ちゃんは8歳を迎える。まだまだ元気で長生きしてね、藍ちゃん。
柚もこのまま元気で健康体で…藍ちゃんと同じく長生きするんだぞ。


そういえばラブバードは我が家では皆元気だったなぁ。一羽も大きな病気などしなくて。
運が良かったのか、相性がいいのか。
一度、食滞の子がいたけど…連れ帰った翌日に気付いて対処したのでみるみる元気になってくれたし。
でも既にショップでそれなりの期間気付いてもらえなかったようで、小柄だったけどね。


セキセイはこのところ…悲しい状況続きなので、何とも言い難いですけど…でもあのままショップに居たら処分されていたんだろうなぁと思うと、連れて帰ってよかったんだとも思える。




元気で健康な、幸せな子たちも…これからもっともっと幸せであってほしいと思う。
出来るなら配偶鳥に恵まれて、可愛い雛を見せてくれたら私も幸せだな…。
柚のお嫁さん、欲しいんだけど…荒は嫌だし、難しいなぁ。

そして…ハンディキャップのある子たちも、幸せであってほしい。
この家に来て良かったと、そう思ってもらえたら…私はこれ以上ないくらい幸せだよ。


よし、また明日も頑張ろう。







頑張る我が家の鳥達と私に、是非励ましの応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村
携帯からは鳥 多種飼いランキング←こちらをクリックしてください。




スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://correspondence33.blog117.fc2.com/tb.php/40-f2048ea8