お手紙真っ二つ、再び…になるところでした(;^_^A

2017.03.30(11:52)

こんにちは。
東京での桜の開花宣言から数日…まだこちらの桜はつぼみのままです。
そろそろ開花してほしいなぁ…。

さて。
先日書いたお手紙真っ二つ…昨日再びやらかすところでした。
危ない、危ない…!!
開けかけて、固いな…と気付いて隙間から見てみたらやはり便箋が折り目を上に入れてあり、しかも封筒にぴっちり隙間殆ど無し。
なかなかこういう封筒の開封は大変な作業だったり…(←気持ち的に、です)。
ちょこっとだけ端が切れましたが、無事に取り出すことができました。ふぅ、良かった。
それなりの枚数をすべてセロテープで繋ぐのは心の方が先に折れそうですよね。
そうならなくて本当に良かったです。


postcrossing、「AIR MAIL」は消しゴムハンコで作ったものを押していたのですが、それが大きいのでちょっと小さいものが欲しいなぁと思っておりました。
宛名が非常に長い場合が結構あるんですよね。それで残りスペースが非常に厳しくなっちゃったり。
再び作るのもいいのですが、せっかくだし市販品を見てみようと…そうしたらなかなか可愛い鳥ちゃん柄があるではありませんか!
それでもまだ大きめなので、もっと小さく…と思い、シールで作ってみました。
サイズはいいけど、実際に貼ってみたら思ってたよりも目立たない…次回は青地に白抜き文字にしよう。
しばらくはこれらを使用することにします。

AIR MAIL

そして先日出したpostcrossing。

postcrossing 2017.03.27

そういえば前回だったかな…NARTO好きな方へジャンプショップで買った絵ハガキで送ったらものすごく喜ばれて、こちらも嬉しくなりました。作者は地元だし、なんだかこういうのって良いなぁと。



昨日旦那が久し振りの休みをもらったので、LOFTや丸善、それから地元の文具店などへ行ってきました♪
岡山城や瀬戸大橋などの絵ハガキを買い込み、新たな鳥ちゃんグッズも買い込んでご機嫌になった私です。
でもひとつ、オカメ柄の付箋が売り切れでガッカリだったので、それは一番近い文房具店に入るのを期待して待つことにします。


そういえば…初回の手紙以降お返事が来ないのに、何故かハートマークだらけとか音符が踊っているような、文字は一切なしのメールだけ時々送ってこられる方がいます。
正直、意味が分からず困惑しております。
文通開始前はしつこいくらいメールで住所の悪用だけはしないでくださいとか、信用してますとか何度も書かれて、それだけでも困惑したのですが…。
どう対処すべきなんでしょう…?

メールの回数が多い人、サイン帳を送ってくる人は大抵相手の方が先に文通に飽きる傾向があるように思います。
私だけかしら…???

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://correspondence33.blog117.fc2.com/tb.php/382-7e12c681