視力が悪いって辛いなぁ…金星の太陽面通過、見えませんでした…

2012.06.06(11:18)

こんにちは。


本日は朝から快晴。
雲ひとつない、本当に良いお天気…なんです。


金星の太陽面通過の観測にはもってこいの!!


…で、もちろん遮光板を持って外に出たわけです。




…み、見えない…!!!




米粒大の、まんまる太陽はくっきり見えました。
でも…そこを通過する、更に小さな小さな黒い点は…見えませんでした。



ウチの子供達も、学習時にかけるメガネを掛けて真剣に覗きこんでいましたが…
「そもそも、太陽がこんなに小さく見える時点でアウトじゃね?」
…と息子に言われてしまいました。



そうだね、そうだよね。
金環日食のときは深く考えずにはしゃいじゃったけど…確かにそうだよね。



ああ、こんなに良い天気なのになぁ…。




天体ショー大好きですけど…この視力は昔から確かにネックだった…
天体望遠鏡を覗くのも、星の写真を撮影するのも、自分でピントを合わせないといけないのに…合いにくい。
メガネのレンズ一枚多いだけで、かなりの苦労をした覚えがあります。


まぁこれは、コンタクトレンズにしても同じなんですけどね。


今回の金星は、肉眼で見るためにはどれくらいの視力が必要だったんだろう…???





ではでは、今日はこの辺で。



スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://correspondence33.blog117.fc2.com/tb.php/237-9135cd6a