ああ、とうとう梅雨入りしちゃったんですねぇ…

2010.06.15(17:28)

こんにちは。


梅雨入りしてしまいましたねぇ…はぁ…。
ものは腐りやすくなる、かびやすくなる、虫が発生しやすくなる…と良い事無しの梅雨が。

お陰で鳥たちのケージの下部分(フン切りより下、ですね)が気になります。
この場所の掃除は息子が受け持ってくれているのですが、学校が休みじゃないとなかなか掃除できないんですよね。
そうなるとせいぜい良くやって週に1回。
すると…中には虫が発生しちゃうケージもあるわけでして。
先日は帰宅後に頑張って掃除してくれていました…ありがとう、息子よ!


虫がなぜ発生するのか…我が家で一番発生しやすいのは柚のケージなんです。

おすまし柚


柚は吐き戻しだのなんだの…というお年頃行動で虫を呼んでしまっていました。
布製のブランコが酸っぱい臭いになっちゃいまして…とうとう木製に変更。
ごめんね…現在、そのブランコを敵視して喧嘩を吹っかけています。何やってんだか…君は。

そして、派手な餌浴び!!
そして更には水入れでの派手な水浴び!!

お陰で1週間放置したら、餌から芽が出てます


それで見かねて息子が掃除していた…というわけです。



ごめんね、息子よ。柚の餌入れ、餌浴び出来ないようにしておいたから…これで少しは改善するといいんだけど。
とりあえず期待してみることにします…。



*******************************





さて。
先日、ペットショップへ行きまして…おもちゃを購入してきました。
新しいケージに入ってからずっと、ブランコについている鈴と何故か格闘していた和も、ようやく落ち着いてきまして…ぶら下げたおもちゃには興味津々で、最初から突っついて遊んでくれました。


和…可愛いよ、うん。



同様に、誓と朗のケージ、龍のケージにもそれぞれ子供たちがおもちゃを購入して入れてやりました。
朗は喜び誓はビビり気味。
龍はすっかり怖がってしまって、その近くの止まり木にすら乗りません。
龍が慣れるのにはしばらくかかるだろうなぁ…今までもそうだったし。
順応が早いのは我が家では柚くらいだったから…藍は意外にもビビり屋さんで、新しい止まり木でも怖がります。慣れるまで1週間近く掛っちゃうんですよね。それでも柚と同じコザクラなのかなぁ…???それとも年のせい?



伸は新しい住処にようやく慣れてきた感じです。

伸の新しいお家

でも結構暴れるので、餌や水に敷いてる紙が入ること入ること…。
ちょくちょく餌は掃除機で吸ってやります。水も1日1回の交換じゃ追いつかないことも。

蓋を開けていることも多いのですが、そこに和が入っちゃうこともしばしば…。
仲良く餌をついばんでいるところをみると嬉しくなりますが、伸が怒りだす事も。
基本的に伸も和も大人しくて穏やかなタイプなので、激しいケンカになることはありません。
でもまだ幼い和はちょっとデリカシーに欠ける行動をとることもありまして…それで伸が怒っちゃうんですよね。
和、早く成長してね。


伸は誰とでも仲が良いので、逆に寂しい思いをすることもあります。
龍まで伸にはべったりくっついたりするので…(他の鳥からは逃げ回ります)。
元気だった頃から2羽は仲良しさんだったので、そのまんま仲良くしてくれる龍には感謝!
最近は誓が朗に追い回されて、伸とゆっくり出来ない様子。
皆、仲良く…というのはなかなか難しいですね。当たり前でしょうけど。


そういえば昨日は子供たちがトイレットペーパーの芯で作成したおもちゃを各ケージに入れて回っていました。
龍はビビり、その後敵だと思ったのか攻撃。
誓と朗はくぐったり破壊したり…楽しそうです。
和はビビってしまい、存在自体を無視して何とか過ごしているようです。
柚は直ちにすべて破壊、水入れに突っ込んでいました。ああ…片付けが大変だぞ、おい。

昔からこの芯のおもちゃはラブバード達に好評だったんですけど、そのまんま何もいじらずにただケージに入れてただけなんですよね。
それでも持ち上げたり、細かくして巣材にしたり、怒りに任せて(?)破壊したり…と、皆それぞれに活用してくれていました。
さすがにセキセイやオカメにはあげたことなかったんですけどね。

子供達ははさみなどで穴をあけたりして工夫していました。
でもお願い、ティッシュまで使わないで…後が大変だから…はぁ。
穴からティッシュが引き出せたり、上から引き出せたり…創意工夫は悪くないけど、アクマで鳥のおもちゃなんだから…安全で、かつ無駄がないようにお願いしたいものです。





最後に、最近の和のお気に入りのおもちゃとのショットをアップして、今日は終わりにしたいと思います。
ではでは…また。

ぬいぐるみ大好き










スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://correspondence33.blog117.fc2.com/tb.php/21-23422fac