キャーッ!ビックリ事件?!

2012.01.27(15:03)

昨日の夜の事。


どうしても見せたいページがあったらしいダンナがしつこく何度も雑誌をこっちへと渡そうとし…なんとそこにあったコップを倒してしまったのです。
中には水が…!!

私は渡された雑誌を手に呆然…。

だって、手紙のお返事を書いている最中だったから…そこにはレターパッドが。


ちょうど2枚目に入ったところで、1枚目をめくっていたので、そのめくった部分は無事。
でも2枚目以降は端っこが縦長に濡れてしまいました。


しばらくして乾いたのを見て見ると…なんともヨレヨレな皺が…!!



ある意味、味のある紙になったわけですけど…。



…はぁ、倉敷意匠さんのグラシン紙のレターパッド。また買うのもなんだし、このまま使ってみることにします。
ヨレヨレ部分はマスキングテープででもカバーしましょうか…。



昨日は図書館と文房具屋さんに行ってきました。(上の子の具合も良くなったので、大人しくお留守番してもらいました)
今使用している万年筆の替えのカートリッジを買い、ふと見るとキティバージョンがあるのを発見。
インクカートリッジの後ろに小さなキティまで付いている芸の細かさ!
でもイエローしか残ってない…そんな色の万年筆、何に使うんだろう…薄すぎないのかな??
しかも、キティというだけでお値段が倍以上!!(約500円でした。200円のものが…)
恐るべし、キティ価格!
でも可愛かったなぁ。イエローは使えないとしても、他の色を入れて使いたいかも。
あ、でもその場合はキティのついた替えカートリッジは見当たらなかったので、普通に使うのみですね。
本体にもキティがプリントされているんですけどね。


実は昨日、その200円の万年筆、ついつい2本目を購入しちゃいました。
大好きな緑色。でもインクは緑はセーラーで使っているので、今回はブラウンを選択。
ついていた緑のインクはしまい込み…使う機会はあるんだろうか…???


ついでに先日気に入った細字の万年筆(1000円)も眺めてきました。
綺麗なグリーンのボディカラーが特にお気に入り。
ところでこれはどこのメーカーさんのかな?と思ったら、プラチナでした。


もうしばらく悩むことにします(苦笑)。




そういえばすっかり熱もひいた上の子、昨日は頑張ってスリランカの文通相手にお返事を書いていました。
自己紹介編です。
愛鳥の「龍ちゃん」のこともしっかり書いてましたよ。
「英語でどんな意味か、書いてあげたらいいじゃない。」「どう書くの?」「続けてmeaning ‘Dragon’で良いよ。」「へぇ~。」
という感じで会話しながら、一生懸命書いていました。

相手が女の子なので、桃太郎キティのレターセットを使って。

そして折り紙で折ったコースターや、着物柄のシール(先日私が購入したもの)も同封。


…返事が早く来ると良いね。


でもやっぱり、英語を習っている上の子と、英語はさっぱりな下の子では、文通していても書いている態度が違いますね。
下の子も中学生になってから改めて文通相手を(出来れば上の子と同じように、英語を学んでいる相手と)探した方が良いかな、と感じました。
今文通している相手とのやり取りは苦痛になって来ているようですし。
一言でもやめますとお返事書かせて、それで終わりにした方が良さそうです。


下の子も、その方が良いなぁ、と言ってました。



ではでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://correspondence33.blog117.fc2.com/tb.php/181-e3acac63