来ないだろうと思っていた返事が来た時…???

2012.01.20(13:42)


もう何か月も経過したので、返事は来ないんだろうねぇと話していた、上の子が文通を申し込んだスリランカの女の子から、返事がきました。
大きなバラ柄の便箋に、上の子と同じレベルかなと思えるたどたどしい英文。
それでも一生懸命書いてくれたのは良く分かります。

上の子はというと、もう返事は来ないものと思っていたので、かなり驚いている様子。

海外文通なんて、本当はやりたくないと思っていたのでしょう、やれやれって心境だったのかも。


でもね、いろんな人とのやり取りは、自分の視野を広げてくれるよ。

私だって海外文通にはあこがれてる…でもなかなか条件が厳しい。
若い子たちは簡単に文通相手が見つかるんだから、羨ましい。


出来るならば頑張って続けて欲しいなぁ…。




日本にすごく興味がありますって書かれていたんだし…と思い、お節介かなと思いつつもスクラップブッキングコーナーのセールで着物のシールを購入してきた私。是非、次回同封して送ってあげて、との気持ちを込めて。




そうそう、今日はのんびりと差出人シールを作ってました。
最近、ギリギリにならないと新しいものを作らない私。
しかも以前は絶対に全て違う画像を使っていたのに、最近は横一列は同じ画像にしている。
…横着になったもんだなぁ…。

宛名書き用に、太いペンを購入。顔料インクなので乾けば水にも強い。

そして昨日はちょっと可愛い万年筆を購入。
プラチナの万年筆なのに、210円というお手頃価格。
しかもちゃんと純正のカートリッジを使えるんですって。

今のところモンブランにはブルー、セーラーにはグリーンが入っているので、今回はバイオレットにしました。
ちょっとスケルトン仕様なので何だか格好良い。


最近、いつものペンじゃ腕がすぐ疲れて書けなくなってきています。
だから万年筆か、COCOIROを使ってばかり。
また使い切ったレターパッドを新しく購入してきちゃいました。
万年筆は紙を選ぶので、いつもの100枚レターパッドというわけにもいかなくて。
うわー、たまには使わないと…100枚レターパッドはホワイトも買っちゃってるんですよね。
いつものペンは先日100円もする立派な軸が発売になり…グリーンを買ってもらった私。
でもやっぱり腕や肩への負担は同じでした…当たり前か。



そういえば昨日は呉市のセーラー万年筆工場をテレビで取り上げているのを見ました。
私も初めての万年筆はセーラーだったなぁ…。
ちょうど出てきた万年筆はプロフィットだった…あれって太さが何段階あったっけ?試し書きした時に感動したんですよね。お高いので欲しい!買って!とダンナに言う勇気はありませんが、いつか欲しいと密かに思っていたりします。


あ、そういえば昨日文房具屋さんで見た1000円の万年筆、普通と細字があって、試し書きでどちらもすごく書きやすかったんですよ。軸もそんなに太くなくて。
今使っているセーラーのキャンディーカラーはちょっと軸が太めなので…もう少し細ければなぁと思っていただけに、ちょっと気になっています。細字の方が特に!
1000円なら、手を出しやすいじゃないですか。

今のところは軸の太さはモンブランが一番しっくりきます。
ただ…太字なのがね…ちょっと辛いですね。
でもこんなに滑らかにインクが出ると、本当に書いていて楽しい。
数年ぶりの万年筆に、すっかり夢中です。



何だか万年筆を語り出すと止まらないような気がしてきましたので、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://correspondence33.blog117.fc2.com/tb.php/176-f76834ab