雪、頑張ってます♪

2011.12.12(23:04)

こんにちは。

今日は2度目の日記です。


雪のその後を書かねば!と思い立ちまして。




雪ですが、今日は久しぶりに歌って聞かせてくれました。
相手はいないので(キャリーに1羽でいるので)、多分私相手に聞かせてくれたのでしょう。

雪、歌えるほど元気になったよって言いたいのかい?

でもまだ体重も戻ってないしね…もうしばらくそこで我慢しようね。




響もジョージョー鳴き以外に、成鳥の声も混じって来ました…が、何だか妙なんです。
普通のオカメの鳴き声というよりは、歌い声に近いような…???


ちょろろっと、歌っているような感じです。


…響、君はもしや…男の子なのかい???


で、でも練習するのが早すぎないかな??
雪だって皆の仲間入りしてケージに慣れた頃に歌い始めたよ???



うーん、とりあえず見守ることにします。




飛ぶのも上手になって来ました。多分、同じ頃の桜や雪よりも上手なんじゃないかな?
鈴ちゃんよりも上手なのは間違いなさそうです(ごめんね、鈴ちゃん!)。




何とも言えない色合いの響は、素直に首も掻かせてくれて、桜や雪とも性格が違うのが良く分かります。




不思議ですよね、皆性格が違う。個性がちゃんとあるんですよね。



雪はあれだけ怖い思いをして、私の指を傷が残るほど噛んで…もう私の事を恐怖の対象としてしか見てくれないんじゃないかと不安になった事もありました。
でも相変わらず指にも肩にも来てくれます。
この揺るがない信頼関係を、絶対に壊すことが無いように、努力していこうと改めて思います。
雪のこのまっすぐで揺るがない信頼の瞳を曇らせるような事が無いように…ただただそればかり願っています。
でもどうしてなんでしょうね?どこにそんな信頼に足ると判断できる材料があったんだろう…不思議です。自分の事なのに、分からないものですね。


桜も以前と変わらない、いえそれ以上に甘えてくれるようになりました。
一度崩れた信頼関係を修復するのに龍ちゃんがどれほど助けになったかは過去に書いたとおりです。
最近の龍ちゃんは以前のように戻り、たまに甘えてくれるけど、やっぱり一番大好きなのは上の子というはっきりとした態度をとっています。
そして桜は私の愛情を独り占めしたいんだ!というくらいの強い愛情を直接ぶつけてきます。
可愛くて可愛くて堪らないですね。ハンディキャップなんてどうでもいいと思いますし、こんなことで生涯独り身になるなんて事になったら…親馬鹿ですがかなり腹を立てそうな気がします。
でもよそにお嫁に出すなんて可愛すぎて出来ませんね…絶対に。
うーん、生涯独身でも良いよ、桜。一緒にいようね。



そういえば最近、遥が噛む、と子供達が言ってきました。
でも噛むのは決まって、ケージに戻されると分かった時らしいです。
…それならば、噛まれないやり方で戻そうね、と伝えました。私も噛まれないですし、噛まれるような戻し方はしません。
藍ちゃんみたいに満足したら帰る、という性格ならありがたいのですが…でも年齢を考えると遥が満足するのは一体何時間後だろう???
柚だって自分からは戻りたいという態度は見せません。でもケージの入り口まで連れて行けばすんなり戻ります。
遥も早くそういう落ち着きが出てくると良いのですが…。




昨日の夜の体重は、響は93グラム、雪は77グラムでした。
でも今朝もバリバリ食べていたし、増えているんじゃないかな。
しまったなぁ、今日は量るの忘れちゃった。今から起こすのは可哀想なので、また明日量る事にします。



そろそろホッカイロが冷えたかもしれないので、確認してから寝ることにします。





ではでは、また。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://correspondence33.blog117.fc2.com/tb.php/168-88cb73ee